スポンサーリンク
スポーツ選手

【比較画像】田児賢一の現在(2020)の姿がヤバいと話題に?桃田賢斗との格差が激しすぎ?

スポンサーリンク




田児賢一(たごけんいち)さんは、全盛期は世界ランキング第3位、

日本ランキング1位と日本バトミントン界のエースとして活躍されておりました。

しかし2016年に後輩の桃田賢斗さんを巻き込んで、

違法カジノ問題を引き起こし日本バトミントン協会を永久追放されております。

現在の姿がやばいと話題でしたので調べてみました。

【比較画像】バトミントン田児賢一の現在(2020)の姿がヤバいと話題に?

田児賢一

とってもビックになっております!選手時代は、細くてイケメンですが

雰囲気が変わっておりますね。

田児賢一

面影はありますが、顔の大きさが全然違いますね。

田児賢一さんプロフィール

2008年

バトミントン全日本大会では初速400Kmを超えるスマッシュを繰り出し、

史上最年少19歳で優勝

金メダルに一番近い男と言われる。

2016年4月

違法カジノ問題で日本バトミントン協会永久追放

2016年12月

マレーシアプロリーグで競技復帰

2019年9月

ユーチューバー【TAGOKEN】として、バトミントン関連の動画を配信

チャンネル登録者数 6.63万人

【TAGOKEN】ユーチューブ動画

桃田賢斗との格差が激しすぎ?

桃田賢斗さんは、2017年の5月に処分解除となり

日本バトミントン協会へ復帰しております。

東京オリンピックの出場にも意欲的です。

一方、田児賢一さんは、永久追放という非常に処分となっております。

田児賢一さんだけ、永久追放なの?

賭博な常習性と、その後の態度

2014年10月から2015年3月に東京都墨田区の違法カジノを10回程度利用

2015年5月から2016年1月までの横浜市内の違法カジノ店に月数回程度利用

トータルの負けは60回程度で約1000万円

桃田賢斗さんは、田児賢一さんに誘われ

東京都墨田区の違法カジノ店に合計6回程度訪問。トータル約50万の負け。

金額面でも、全然違いますね。

『ギャンブルに後悔はない、自分を成長させてくれた』

週刊現代

雑誌の取材でこのような発言をしたことで反省の色が見られないと思われたようです。

ちなみにギャンブルで負けた金額は親が肩代わりしたというのも驚きですね。

桃田賢斗さんは、ボランティア活動をして反省していたようです。

海外でプロデビューしたため

2016年12月にマレーシアでプロデビューしております。

日本バトミントン協会もわざわざ海外まで行った田児賢一さんを

戻すことはしなかったのでしょう。

2019年の田児賢一さん(右から2番目)

スポンサーリンク




田児賢一に対するネットの声は?

まとめ

いかがでしたか。田児賢一さんの現在の姿は、

少し横に大きくなっておりましたがご自身のやりたい事を

やられて楽しそうですね。ギャンブルはほどほどにして、

バトミントンの楽しさをみんなに伝えて行ってほしいですね。

スポンサーリンク