スポンサーリンク
ニュース

オミクロン株濃厚接触者71人の名前公表に賛否両論!宿泊施設は東京都?

コロナウィルス新変異株「オミクロン」が、国内で初確認されたと話題になっていますね。

オミクロン株の症状は、気になるところ。

また、濃厚接触者71名の方と連絡が取れない場合には、「氏名を公表する」と後藤厚労大臣が発表しました。

こちらのコロナ対策には賛否両論が挙がっていますので、情報を見ていきみましょう。

コロナウィルス・オミクロン株が国内で初確認

コロナウィルスの新変異株が、国内で初めて確認されたと報道されていますね。

感染が確認されたのは、ナミビア外交官の男性。

同飛行機の乗客71人が、濃厚接触者と定義されています。

オミクロン株濃厚接触者71人の名前公表に賛否両論!

報道によりますと、71人がコロナウィルスオミクロン株の濃厚接触者とのこと。

後藤厚労大臣は、

2日ごとの検査に協力が得られない場合は名前の公表も」と発表しています。

現状では、検査に非協力的な方はいないようです。

しかし、万が一の事態があれば、名前公表も辞さないとの意思表明ですね。

感染拡大防止策としては良いのかもしれませんが、かなり攻めた姿勢ですよね。

岸田政権のコロナ対応に対しては、賛否両論あるようですね。

オミクロン株濃厚接触者の名前公表に対するネットの反応

オミクロン株濃厚接触者の宿泊施設は東京都?

濃厚接触者71人中のうち、40人の方が東京都内在住のようです。

つまり、6割の方が東京都ということ。

確定的な情報は明かされていませんが、県またぎの移動が無いようにするのが自然の流れと考えると、宿泊施設も東京都内にあるかもしれません。

まとめ

コロナウィルスオミクロン株に関して、情報をお届けしてきました。

症状についてもまだ情報が出回っていないため、状況が掴みにくくはありますね。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。