ニュース

安倍昭恵夫人が警護車両に乗っていた理由は!誰に狙われているのか!




2022年7月25日午前8時半すぎ、東京千代田区の首都高速都心環状線の三宅坂ジャンクションで、安倍昭恵さんが乗る警視庁の警護車両が、別の警護車両に後ろから追突されました。

乗っていた安倍昭恵さんにはケガはなかったようです。安倍元総理の事件があってすぐの出来事なので、ニュースを見て『またか!』と思った人も多かったかも知れませんが事件ではなかったようです。

事故は車線の合流地点で起きていて、追突した車を運転していた男性巡査部長の前方不注意が原因だったようです。

ネット上では安倍昭恵夫人が、なぜ警護車両に乗っているの?という疑問の声が上がっていました。先に結論を話すと、安倍元総理の事件があったからでしょう。

この記事では安倍昭恵夫人が警護車両に乗っていた理由の詳細について紹介していきたいと思います。

安倍昭恵夫人が警護車両に乗っていた理由は!

安倍昭恵夫人が警護車両に乗っていた理由は、

安倍元総理の事件があったからでしょう。

具体的には、

・2022年7月8日の安倍元総理の悲惨な事件から日が浅く

・犯人は捕まったが安倍昭恵夫人が狙われる可能性が0ではない

というところでしょう。学校への襲撃事件等があった際も登下校の生徒をしばらくの間は、警察が警護することもあるように今回の件も同じような対応と考えられます。

決して安倍昭恵夫人が特別扱いをされているという訳ではなく警察として当たり前の対応です。




誰に狙われているのか!

安倍昭恵さんが警察の警護車両に乗っていたのは、狙われているという訳ではありません。

その可能性も0ではありませんが、念のために警護していたのでしょう。

今回の追突事故で、次は昭恵夫人が狙われたのか!?という声もありましたが、今回は完全に警察側の不注意による事故だったようです。

安倍昭恵夫人の警護車両に対するネットの声

ネット上では安倍昭恵夫人が警護車両に乗っていたことに対して、批判の声が出ていました。

申し訳ないが、事故のニュースそのものより、もう総理でもない人の、以前には「安倍昭恵は私人だ」と閣議決定までされた一般人が、税金使って警護されてるという事実に驚きを隠せない

これは、安倍昭恵夫人が特別扱いをしているという訳ではなく、安倍元総理の事件があったからこその警備をしているだけでしょう。決してこれからずーっとする訳では無いと思います。

まとめ

安倍昭恵夫人が警護車両に乗っていた理由は!誰に狙われているのか?

についてまとめました。安倍昭恵夫人が警護車両に乗っていた理由は、安倍元総理の事件があったからで、安倍昭恵夫人を特別扱いしている訳ではないようです。

犯人も捕まりましたが、何があるか分からないので念の為の警護ということでしょう。

安倍昭恵夫人が狙われた訳ではなかったので良かったものの、こういった事故は心臓に悪いですよね。無事で本当に良かったです。

error: このコンテンツのコピーは禁止されています。