タレント

スノーマンの解散が決定的な理由5選!滝沢秀明の新会社に移籍が濃厚か!

 

2023年5月にキンプリことKing & Princeの3名が脱退することが決まったばかりですが、今度はSnow Man(スノーマン)の解散が噂レベルではない話題としてあがっています。

そしてSnow Man(スノーマン)の解散が現実味を帯びている要因として、ガーシーこと東谷和義さんによる暴露が大きいようですが、他にもスノーマンが解散する理由が見つかりましたので、この記事でまとめています。

この記事でわかること

・SnowManの解散が決定的な理由5選

・実はガーシー砲のSnowMan解散説は信憑性が低いこと

・ジュリー社長による『なにわ男子』ひいきがSnowManの行き場を無くして解散を後押ししていること

どうぞごゆっくりご覧ください。

SnowMan(スノーマン)の解散が決定的な理由5選!

SnowMan(スノーマン)の解散が決定的な理由として、次の5つが挙げられます。

1:恩師である滝沢秀明が脱退したから

2:ガーシーが業界関係者から解散することを聞いていたから

3:SnowManラウールが突然メンズノンノを卒業したから

4:ジャニーズ内での派閥がより一層深くなったから

5:滝沢秀明が会社を設立しようとしていたから

それぞれ解説していきます。




1:恩師である滝沢秀明が脱退したから

タッキーこと滝沢秀明さんが、2022年10月いっぱいでジャニーズを脱退したことで、Snow Man(スノーマン)が後を続くように解散するのではないかと考えられます。

Snow Man(スノーマン)は、滝沢秀明さんがジャニーズアイランドの社長に就任してデビューさせたグループで、『Snow Man』の名付け親でもあります。

タッキーとスノーマン

滝沢秀明さんは数あるグループの中でも、Snow Man(スノーマン)に対するグループ愛が強かったことがファンの中でも有名でした。

そんなSnow Man(スノーマン)にとって恩師である滝沢秀明さんが、2022年10月31日をもってジャニーズを退所したことが、Snow Man(スノーマン)脱退を助長したのではないかと考えられます。




2:ガーシーが業界関係者から解散することを聞いていたから

ガーシーさんが、自身のオンラインサロン『GASYLE(ガシる)』にて、Snow Man(スノーマン)がジャニーズを抜けることを、2022年11月27日の配信中に暴露していました。

 

ガーシーさんは配信の中で「テレビ局とジャニーズ内部の人間、ジャニーズのマネージャー、レコード会社からSnow Man(スノーマン)が抜けると言うのを聞きました」と暴露。

そして、ジャニーズ事務所は現在Snow Man(スノーマン)解散の引き留め工作をしているとも語っています。




3:スノーマンのラウールが突然メンズノンノを卒業したから

SnowMan(スノーマン)メンバーのラウールは2020年から『MEN’S NON-NO(メンズノンノ)』のレギュラーモデルをやっていました。

しかし何の前触れもなく2022年8・9月号のメンズノンノでレギュラーモデルを卒業。突然辞めたことで、脱退や解散なのでは?という不穏な噂が以前からあり、そこにきて先ほどのガーシー砲による暴露が重なったことで、タイミング的に解散理由としての現実味が高まりました。




4:ジャニーズ内での派閥がより一層深くなったから

Snow Man(スノーマン)はジャニーズ事務所の子会社である、ジャニーズアイランドの滝沢秀明さんが天塩にかけて育ててきたグループでしたが、Snow Man(スノーマン)が売れるグループになった途端、ジュリー社長の案件となり滝沢秀明さんの手から離されてしまいました。

その後、滝沢秀明さんがジャニーズを退社することになったのは、Snow Man(スノーマン)がジュリー社長に取られたことが、大きな要因の一つだと言われています。

元々滝沢秀明派であったSnow Man(スノーマン)が、恩師から離されてジュリー派に入れられ、さらに滝沢秀明さんが退社したとなると、ジュリー社長に対する忠誠心が薄れるのも無理はないと思われます。




5:滝沢秀明が会社を設立しようとしていたから

滝沢秀明さんは、音楽や映像制作、芸能マネジメントなど幅広く事業手がけていくための会社をドバイで設立しようとしていたことから、Snow Man(スノーマン)がその会社にグループごと移籍する可能性が考えられます。

なぜならKing & Prince(キンプリ)の脱退が決まっている平野紫耀さん、岸優太さん、神宮寺勇太さんはジャニーズ退所理由として「海外進出」を挙げられているからです。

左から神宮寺氏、平野氏、岸氏

これが滝沢秀明さんの新会社と無関係とは思えないタイミングですよね。

メディアでもSnow Man(スノーマン)が解散する可能性として次のように語っています。

「可能性があるとすれば、滝沢氏が事務所を作り、そこにグループごと〝移籍〟してしまうことでしょう。もちろん、グループ名は変更せざるを得ないが、藤島ジュリー景子社長との確執が原因でジャニーズを退社したとされる滝沢氏にとっては、これほど痛快な〝仕返し〟の方法はない」
出典;ニフティニュース

やはりタッキーとしても、ジャニーズでは実現できなかったことを自ら実現したい、という想いがあるのかもしれませんね。




ガーシー砲によるスノーマン解散決定は信憑性が低い

Snow Man(スノーマン)解散という話が、噂レベルではなく具体的になった要因は、ガーシーさんによる暴露話が震源地ですが、正直信ぴょう性が低い話でもあります。

なぜなら最近のガーシー砲は後出しジャンケンのようになっているからです。

今回のSnow Man(スノーマン)の暴露配信について「テレビ局とジャニーズ内部の人間、ジャニーズのマネージャー、レコード会社からSnow Man(スノーマン)が抜けると言うのを聞きました」と語っており「解散」という言葉はその後も使いませんでした。

さらに、ジャニーズ事務所が解散の引き留めを行っていることを前提に、こんなことを語っています。

「ツアー終わりに(Snow Manが)抜けるかどうかわからへんけど、本人たちの意思もあるやろし、(抜けることには)ならないかもしれへん、ならないかもしれへんけど、なった時には俺が言うてることが事実やったんやなってことになるし、ならなかったとしても相当な裏工作をしてたってことになるね
GASYLE生配信より抜粋

結局Snow Man(スノーマン)が解散するとは、生配信で一言も言ってないんです。

このことから、ガーシーさんのスノーマン解散決定説は信ぴょう性が低いと思われます。

ちなみに、ガーシーさんの暴露話は信用してない人が増えてきているようです。




スノーマンが解散するのはジュリー社長の『なにわ男子』ひいきが大きい!?

ジュリー社長お気に入りの『なにわ男子』ひいきが、Snow Man(スノーマン)解散の後押しをしている可能性があります。

Snow Man(スノーマン)のラウールさんがレギュラーモデルをやっていた『メンズノンノ』の後任に、なにわ男子の道枝駿佑さんが抜擢されています。

このキャスティング交代に関してファンは、ジュリー社長がお気に入りのなにわ男子に入れ替える謀略だったのではないかと話題になっていたようです。

さらに、キンプリの3名が脱退することで、キンプリが担当していたCMに穴が開きます。

その穴を埋めるキャスティングとして、ジャニーズ事務所が猛プッシュをかけているのが、なにわ男子とメンバーの道枝駿佑さんのようです。

Snow Man(スノーマン)が売れ始めてジュリー派閥に入れられたにも関わらず、ことあるたびにお気に入りの『なにわ男子』を売り込む姿勢がSnow Man(スノーマン)解散へと後押ししてしまっている可能性もありますね。




まとめ

スノーマンの解散が決定的な理由5選!今回のガーシー砲は真実味が!?についてまとめました。

結局のところガーシーさんの暴露話はアテにならないので解散するかは分かりません。

しかしSnow Man(スノーマン)が滝沢秀明さんから取り上げられたこと、その流れから滝沢秀明さんが退社したことは事実。

ジュリー社長とSnow Man(スノーマン)に確執があってもおかしくはないので「絶対に解散しない」ということも言い切れないですね。

 

error: このコンテンツのコピーは禁止されています。