ニュース

かっぱ寿司社長田辺公己の年収は1100万!転職繰り返すも年収はガタ落ち!

 

2022年9月30日、警視庁近く、回転ずしチェーン「かっぱ寿司」を運営するカッパクリエイトの田辺公己(たなべこうき)社長(46)らを競合他社の営業秘密を不正に取得したなどとして、不正競争防止法違反容疑で逮捕する方針を固めました。

田辺公己社長といえば46歳の若さで、大手外食チェーンの5社の社長を務めた経験のある若手の経営者です。

この記事では田辺公己社長の現在の年収と、転職ごとの年収の推移について紹介していきます。

どうぞごゆっくりご覧ください。

かっぱ寿司社長田辺公己の年収は1100万円!

かっぱ寿司社長田辺公己の現在の年収は1100万円です。

irbank.net参照

社長にしては、思ったより少ないですね。

かっぱ寿司の平均年収は417万円です。

年収チェッカー参照

業界の中でも280位と低い位置にいるので社長の年収が1100万円は妥当なのでしょう。

[the_ad id=”451″]

転職繰り返すも年収はガタ落ち!

かっぱ寿司社長田辺公己の転職歴

  • 1998年 東海大学開発工学部卒業
  • 1998年 ゼンショー(現ゼンショーホールディングス)入社
  • 2009年 ゼンショー経営改革室ゼネラルマネジャー
  • 2014年 はま寿司取締役
  • 2017年 ジョリーパスタ代表取締役社長
  • 2018年 ココスジャパン代表取締役社長
  • 2020年 カッパ・クリエイト顧問、カッパ・クリエイト執行役員副社長
  • 2021年 カッパクリエイト代表取締役社長

かっぱ寿司社長は、46歳の若さで4つの会社の取締役を務められています。

新卒で入社したゼンショーでは、入社11年目で経営改革室のゼネラルマネジャーになり、その5年後には42歳の若さでゼンショーホールディングスの外食事業の1つであるはま寿司の取締役に就任しています。

[the_ad id=”451″]

かっぱ寿司社長田辺公己の年収推移

田辺公己社長は4回も転職を繰り返しています。年収の推移を見ていきましょう。

会社名・役職年収
はま寿司取締役データなし
ジョリーパスタ代表取締役社長2817万円
ココスジャパン代表取締役社長1575万円
カッパ・クリエイト代表取締役社長1100万円

はま寿司のデータは見つかりませんでしたが、はま寿司では代表取締役ではなく、取締役のためおそらくジョリーパスタが年収の最高値だったと思われます。

そこからどんどん年収は下がっていってます。

カッパ・クリエイト社長になるまでは、新卒で入ったゼンショー傘下の外食事業の取締役を務め、カッパ・クリエイトで始めて社外に出たようです。

下がり続ける年収に嫌気がさして、飛び出したのかもしれませんね。

[the_ad id=”451″]

まとめ

かっぱ寿司社長田辺公己の年収は!転職繰り返すも年収はガタ落ち!

についてまとめました。

明日は我が身という気持ちで気をつけないといけませんね。

[the_ad id=”451″]