ドラマ

あきさみよ〜の意味は驚いた!正しい使い方と例文【ちむどんどん】




ちむどんどん』に出てくる沖縄方言『あきさみよ〜』の意味はご存知でしょうか。『あきさみよ〜』は標準語では、驚いた!「なんてことだ!」あらまあ!と言う意味です。

2022年4月から放送されているNHK連続テレビ小説『ちむどんどん』はご覧になっていますか。沖縄の本土復帰50年を記念にしたドラマで、沖縄料理がテーマになっています。

本日はちむどんどんで頻繁に使われる『あきさみよ〜』の意味と正しい使い方について紹介していきたいと思います。

どうぞごゆっくりご覧ください。

あきさみよ〜の意味は『驚いた!』

あきさみよーの意味は「なんてことだ!」あらまあ!」「驚いた!」というニュアンスを表す言葉です。不意に出る言葉で、言葉自体には意味をもちません。

英語だとオーマイゴット!になります。ちむどんどん公式Twitterでも”Oh, my god!”という英訳がついていました。

NHKもあきさみよー=なんということだ!と訳していますね。若い人がよく使う『マジか!』や、『最悪!』も同じニュアンスな気がしますね。




あきさみよ〜の正しい使い方と例文

『あきさみよ〜』は、嬉しい時や悲しい時両方の意味で使うことが出来ます。

標準語に置き換えるとこのようになります。

  • 「なんてことだ」:強い衝撃を受けた時。想定外、信じなれないことが起きた時。
  • 「あらまあ」:驚いた時に使う。驚きの程度は小さい。
  • 「わぁ」:驚いた時、衝撃を受けた時に不意に出る言葉。

「わぁ」と言う言葉は、不意に出る言葉のため、『あきさみよ〜』に一番近い標準語のようです。




あきさみよ〜例文

例文を見ていきましょう。かなりバリエーションがありました。

「なんてことだ」:強い衝撃を受けた時。想定外、信じなれないことが起きた時。

あきさみよ〜、でーじ・なたん(あぁ、大変なことになった~)
でーじ=大事

「あらまあ」:驚いた時に使う。驚きの程度は小さい。

あきさみよ〜 また おーえー っしなー(あれまあ! また喧嘩したのか)

あきさみよ〜・なー(なんてことするのー、あきれたー)

あきさみよ〜、むる・かわとんなー(あれまぁ、全部変わっているね)

「わぁ」:驚いた時、衝撃を受けた時に不意に出る言葉。

あきさみよ〜、くぬ・やな・わらばーたー・や(あぁ、この悪ガキどもが)
嫌な=やな
子供達=わらばーたー

あきさみよ〜、よかったさー(あぁ、よかったね)良い意味で使っています。

あっさみよ〜、うさきーなー、あんなー(えぇ、そんなに、あるの?)

いろんな場面で、自分の表現するのに使える便利な言葉ですね。声色や表情で良い意味なのか悪いなのかも伝えると、更に伝わりやすくなりそうですね。




「あきさみよ〜」「あっさみよ〜」「はっさみよ〜」の違いは?

『あっさみよ〜』と『あきさみよ〜』は同じです。『あきさみよ〜』がなまった、言いやすくした言葉が『あっさみよ〜』と言われています。

『はっさみよ〜』は『あきさみよ〜』と同じ意味ですが、特に呆れた時に使われます。




『あきさみよ〜』は流行語大賞を狙っている?

過去のNHKの朝ドラでも驚きを表す言葉が流行りましたよね。普段聞きなれないようなそのドラマならではのフレーズを使用することで、見る側の印象に残ります。

  • あまちゃん:「じぇじぇじぇ」
  • あさが来た:「びっくりぽん」
  • ちむどんどん「あきさみよ~」

能年玲奈さんが主演のあまちゃんで使われた『じぇじぇじぇ』と言う言葉は2013年には流行語大賞に選ばれています。今回のあきさみよ〜流行語大賞に選ばれる可能性もありますよね。

公式Twitterでも『あきさみよー』が動画にまとまっていました。

NHKも『あきさみよ〜』と言う言葉を押していることが分かります。テレビ側もじぇじぇじぇじぇ、びっくりぽん、に続いて欲しい狙いがあるのでしょう。




まとめ

あきさみよ〜の意味は驚いた!正しい使い方と例文【ちむどんどん】

についてまとめました。あきさみよ〜は驚いた!と言う意味があったのですね。驚いた時はあきさみよ〜を使ってみたいですね。




error: このコンテンツのコピーは禁止されています。