ニュース

【顔写真】田口翔がイケメンすぎる!大麻栽培にギャンブル依存症!?




山口県給付金誤送金4630万円事件で逮捕された田口翔さん(24)がイケメンすぎる!

と話題になっています。

今日は田口翔さんについて迫って行きたいと思います。

ごゆっくりご覧ください。

【顔写真】田口翔がイケメンすぎる!

田口翔さんの高校の卒業アルバムの写真です。

目は切長の一重、鼻筋もくっきりしてます。

髪型も今っぽくて、クラスにいたらモテそうですね。

右側が田口翔さんです。(田口翔さんインスタグラム参照)

卒業アルバムと比べると、髭を伸ばしていてワイルドになっていますが、

シュッとした顔立ちは変わっていませんね。

(横の人は怖そうですがw)

髪が短い時の写真もありました。

イケメンですが、ちょっと怖い感じもしますね。

 

事件発覚後の顔写真はTikTokに載っていました。

本人かどうかは、この動画だけでは分かりませんが、

内容を聞く限り、本人の可能性が高そうです。

@yamaguchiken.4630 山口県阿武町給付金誤送金問題4630万円本人です#本当に申し訳ございません ♬ オリジナル楽曲 – 山口県給付金誤送金4630万円本人




【顔写真】田口翔は大麻栽培にギャンブル依存症!?

今回の誤送金で逮捕された田口翔さんですが、

文春が大麻栽培を行なっていたことをリークしました。

大麻を愛用し、自ら栽培まで行なっていたようです。

文春の記事によると、

  • マンチーズというグループを作り大麻を愛用。
  • 大麻の主な購入元はネット
  • 仲間と福岡・広島・大阪などにも行き、仕入れていた
  • 『贅沢はいらないけど、大麻が好き』と話し、給料の殆どを大麻に使い給料の前借りもしていた
  • 『大麻の栽培は山奥が適している』と物件を見て回り阿武町に引っ越した

2021年の8月31日には『マンチーズ』の仲間が

大麻取締法違反容疑で逮捕されています

この事件で逮捕されなければ、大麻取締法で捕まっていた可能性も0では無さそうですね。

20年10月、実家を飛び出したA氏が根を下ろしたのは、郷里から約60キロ離れた縁もゆかりもない阿武町だった。なぜA氏は町の「空き家バンク」を利用し、人里離れた限界集落の一軒家に身を置いたのか。旧知の仕事関係者が明かす。

「Aは地元の仲間と『マンチーズ』というグループを作り、大麻を愛用していました。『マンチ』とは空腹感を表す言葉。大麻を吸うと空腹感が襲ってくるのでAはよく私の目の前で吸い、『マンチ入りましたわ』と笑っていた。Aは『マンチーズ』という名前が気に入り、チーム名が入ったTシャツを作ったり、ゲームのアカウント名にしていたほどです」

放蕩生活を送る中で、彼らの間で浮上したのが大麻の栽培計画だった。

「一昨年夏、彼らは『大麻の栽培は山奥が適している』と話し、萩市などの物件を見て回り、最終的に阿武町に決まった。『マリファナ・X』という本を読んで品種などを勉強していました。転居後、彼はホームセンターで働き始めましたが、大麻栽培の“軍資金”獲得のため。移住後、他のメンバーがAに会いに阿武町に行くこともあった」(同前)

実は、昨年夏「マンチーズ」のメンバーが大麻取締法違反容疑で山口署に逮捕されている。有罪判決が下ったのは、同年8月31日のことだ。

「他のメンバーは逮捕にビビり、大麻のパケ(袋)を山奥に埋めに行った」(同前)

引用元:(https://bunshun.jp/denshiban/articles/b3095)

 

また、毎日パチンコに通う程のパチンコ中毒。

『昨日は10万円負けた』『給料では補えないぐらい負けている』と話していたそうです。




【顔写真】田口翔に対するネットの声は?

 




まとめ

【顔写真】田口翔がイケメンすぎる!大麻栽培にギャンブル依存症!?

について調べて見ました。

ネット上では、田口翔さんがイケメンと話題になってました。

日本は平和ですね。




error: このコンテンツのコピーは禁止されています。