ニュース

【国葬】キャサリン妃の4連パールネックレスは日本製!鳥羽のミキモトブランド!

 

2022年9月19日にイギリスの首都ロンドンでエリザベス女王の国葬が執り行われました。

場所はウェストミンスター寺院。

エリザベス女王にとっては、フィリップ殿下と結婚式を挙げた思い出のある場所でもあります。

イギリス王室のメンバーはもちろん、日本からも天皇皇后両陛下がイギリスに向けて出発。

各国首脳など数多くの人がエリザベス女王に敬意を表し参列しました。

そんな中、注目を集めたのがキャサリン妃が身につけていた4連パールネックレス

海外では「ジャパニーズ・パール・チョーカー」と呼ばれています。

まばゆい輝きを放ち、キャサリン妃の美しさをさらに際立てSNSで話題になっています。

この4連パールネックレス、元々はエリザベス女王が1975年初来日の際、日本政府から贈られた真珠が使用されています。

このネックレスは、鳥羽のミキモトブランドという噂がありますが、実際どうなのでしょうか。

キャサリン妃の4連パールネックレスの秘密を探っていきます。

エリザベス女王の国葬参列者の席順のルール!天皇6列目は妥当? 2022年9月19日イギリスでエリザベス女王の国葬が行われました。日本からは天皇皇后両陛下は6列目に参列。 天皇陛下が6列...

キャサリン妃が4連パールネックレスを身につけ国葬に参列

キャサリン妃は、全身黒の喪服に4連パールネックレスと真珠のイヤリングを身にまとい、英国で最も長く在位した君主であるエリザベス女王の葬儀に参列しました。

なかでも一際目立つこのネックレス。

実は、今回はじめて身につけたわけではありません。

過去に2度キャサリン妃が身につけているのが確認されています。

  • 2017年のエリザベス女王とフィリップ殿下の結婚70周年記念式典
  • 2021年4月に死去したフィリップ殿下の葬儀

エリザベス女王に関係のある式典や葬儀で身につけています。

理由は、元々エリザベス女王が4連パールネックレスを所有していたからなんです。

どういった経緯でエリザベス女王は手に入れたのか、なぜ日本の真珠が使用されているのか詳しく見ていきます。




キャサリン妃の4連パールネックレスはエリザベス女王から受け継いだジュエリー

この4連パールネックレスの歴史は1975年まで遡ります。

エリザベス女王が初来日した際、日本政府が真珠を差し上げました。

エリザベス女王は真珠好きとして当時から有名。

来日された際も伊勢神宮を参拝した後、鳥羽ミキモトの真珠島を訪れました。

真珠島では養殖真珠の制作工程を見学しましたが、とても興味を持っていたと言われています。

そのような背景から日本政府は真珠を贈呈。

エリザベス女王は英国に持ち帰り、王室御用達のジュエリーブランド「ガラード」にネックレスの作成を依頼したのです。

エリザベス女王にとっては、お気に入りのジュエリー。

女王自身、1980年~1990年代にかけて定期的に愛用されています。

エリザベス女王が大切にしたネックレス

これを国葬で身につけたのは、キャサリン妃がエリザベス女王に敬意を表している証拠です。




キャサリン妃の4連パールネックレスは鳥羽のミキモトブランド?

日本政府が贈呈した4連パールネックレスの真珠。

エリザベス女王が来訪した鳥羽のミキモトブランドなのかは定かではありません。

ですが、ミキモトの真珠島を訪れた際、とても興味を持っていたことを日本政府はよく知っています。

だからこそ、ミキモトブランドである可能性は高いのではないでしょうか。

どちらにしても、日本の真珠でつくれらた日英友好の証ともいえるこのネックレス。

エリザベス女王に敬意を表す姿が世界中に発信されています。

今もなお大切に引き継がれているのは、日本人としてとても誇らしいことです。




キャサリン妃の4連パールネックレスはかつてダイアナ元妃も着用

このパールネックレス、実はかつて故ダイアナ元妃も着用されていました。

パールネックレスを身に着けたのは、1982年にオランダへ公式訪問したときのこと。

エリザベス女王がダイアナ元妃に貸し出しました。

ダイアナ元妃もパール好きとして知られており、美しい着こなしが印象的で愛嬌のある笑顔をさらに引き立てました。

ダイアナ元妃も利用した、王室で代々引き継がれた歴史あるジュエリーなのです。




キャサリン妃のイヤリングもかつて女王が身につけていたジュエリーの1つ

キャサリン妃は葬儀の際、4連パールネックレスの他、イヤリングも身につけていました。

このイヤリングもエリザベス女王がかつて所有していたもの。

エリザベス女王が結婚した1947年に、バーレーン国王から贈られた真珠で作られたイヤリングです。

エリザベス女王にゆかりのあるジュエリーを身につけることで深い哀悼の意を表現していました。




まとめ

キャサリン妃が国葬で身につけていた4連パールネックレスについてまとめました。

鳥羽のミキモトブランドかどうかは定かではありませんが、日本政府の贈り物であることは間違いありません。

その贈り物が、今もなお大切にイギリス王室内で引き継がれています。

日英友好の絆を身に着けている姿を見れるのは、日本人としてとても誇らしいです。

エリザベス女王の国葬参列者の席順のルール!天皇6列目は妥当? 2022年9月19日イギリスでエリザベス女王の国葬が行われました。日本からは天皇皇后両陛下は6列目に参列。 天皇陛下が6列...



error: このコンテンツのコピーは禁止されています。