タレント

中華バーとは中国人の金持ちファンのこと!スキズのアルバム47万枚購入!

 

Stray Kids(ステイキッズ)が10月7日(金)に発売する韓国のニューミニアルバム『MAXIDENT』の先行注文数が224万枚を突破したと報道されています。

第二のBTSになるのではないかと世界的大ヒットが期待されています。

今回Stray Kids(以下スキズ)がこれだけの大ヒットを記録している理由としては、『中華バー』の存在があったからだと言われています。

中華バーとは、中国人のファンのことです。お金持ちが多く、ファンになるとかなり貢いでくれるようで世界的ヒットには欠かせない存在です。

この記事では、中華バーとは一体何なのか、スキズに貢いだものや、他のK-POPグループの中華バーの貢献について紹介していきます。

どうぞごゆっくりご覧ください。

中華バーとは中国人の金持ちファンのこと!

中華バーとは、中国人のファンダム(ファンの集まり)のことです。

ファンダムとは、造語でkingdomやfreedomなどに使われている接尾辞の『dom』とfunをくっつけた言葉です。

中華バーにはお金持ちが多く、推しのメンバーやグループに桁違いのCDを買ったり、お金を貢いでくれます。




中華バーがstraykidsスキズのアルバム47万枚購入!

今回、straykidsスキズのアルバムニューミニアルバム『MAXIDENT』の発売にあたり、中華バーが47万枚購入しています。

9月29日時点で、先行注文が224万枚となっていてその1/4以上が中華バーの購入です。

通常盤のアルバムの金額が約2,500円です。47万枚を購入したとすると合計で1億2000万円です。

もちろん1人で買ったわけでは無いと思いますが中国人の富裕層数名が購入したのでしょう。中国人の富裕層は規模がすごいですね。




中華バーがstraykidsスキズのアルバム47万枚購入!

今回なぜスキズに中華バーがついたのでしょうか

理由として考えられるのは、

・2022年8月ヒョンジンがweiboでバズってた

と言われています。もちろん地道な活動でファンがついたのもあると思いますが、

今回のアルバムで急に売上が伸びたのはSNSでバズったことが影響してると思います。

weiboにも動画をたくさん上げているみたいですね。




中華バーは他のアーティストにもいた

スキズ以外にも中華バーがついているK-POPアーティストはたくさんいます。具体例を挙げると、

  • BTS
  • aespa
  • BLACKPINK
  • EXO
  • Twice

日本でも有名なグループは、太い中華バーがいます。

逆に言うと中華バーがつく=売れるとも言えるんですね。

今回、スキズにはかなり太い中華バーがついたみたいなので第二のBTSになる日も近いかもしれません。




K-POPアイドル(メンバー別)中華バー売上ランキング

こちらは、K-POPアイドルのメンバー別の中華バーの購入ランキングです。(2022.5)時点。

K-POPアイドルの中華バーがどれだけCDアルバムを購入したかが分かるようになっています。

 

Yahoo!知恵袋参照

この表を見ると、中華バーの恩恵を受けているのは、BTSで、メンバー別ではV(テテ)、Jungkook(グク)が人気ですね。

exoベクヒョン

ただしこの表はソロ活動は反映されてません。ソロ活動を含めると、exoのベクヒョンが一番のようです。

スキズの中華バーに対するネットの声

K-POPのファンの多くは中華バーの存在を知っていて、中華バーがスキズについたことを喜んでいるようです。

あとは、韓国での人気をしっかりとれれば、第二のBTSにもっと近づけそうです。




まとめ

中華バーとは中国人の金持ちファンのこと!スキズのアルバム47万枚購入!

についてまとめました。中国の富裕層は桁違いと言うのは知っていましたが、ここまでとは驚きましたね。スキズのアルバムの販売数は今後もっと伸びそうで楽しみですね。




 

error: このコンテンツのコピーは禁止されています。