タレント

ジャニーズアクスタ再販決定!なぜ最初から受注生産にしなかったの!

 

ジャニーズタレントのアクリルスタンドを販売する「Johnny’s アクスタ Fest」が2022年9月10日12:00に開始されました。

数量限定発売の発表『アクスタ戦争』という言葉が発生してしまうほど反響があり、買えなかった人ファンも多かったようです。

しかし、3日後の9月13日、ジャニーズ事務所はアクリルスタンドの再販決定の告知をしました。しかも今回は完全受注生産とのことです。

ファンとしては嬉しい反面、ネットの前で戦った時間返せという声が多くTwitterでもトレンドに入りました。

この記事では、アクスタ再販決定に対するファンの声をまとめてみました。

どうぞごゆっくりご覧ください。

ジャニーズアクスタ再販決定!

2022年9月13日ジャニーズ事務所から多くの方が購入いただけなかったことを受けてアクリルスタンドの再販売のお知らせが告知されました。

お知らせの内容としては、

・ファンクラブ会員限定の再販売を実施

・再販売は完全受注生産

・案内は10月下旬

・商品のお届けは2023年

この文章を見る限りは、ジャニーズ事務所の想定よりも需要があったことになりますが、開始前からファンの間では絶対に大混乱すると話題になっていました。

数量限定だと、買えない人がいっぱいでるし、絶対サーバー落ちるし、転売ヤーが大量発生するだけでしょという声が、アクスタfest開始前からファンの間では言われていたことでした。




ジャニーズ事務所はなぜ最初から受注生産にしなかったの!

アクスタfest開始前から、こうなることは分かっていたのになぜ事務所は受注生産にせずに当初の予定のまま強行突破したのでしょうか。

その理由としては

・数量限定にして完売させた方が、グループの価値が上がる。

・明るい話題を作りたかった。

・ジャニーズ事務所の想定よりも殺到。見積が甘すぎた。

人気商売のジャニーズ事務所としては作りすぎて残るよりも、希望者が殺到して完売の方が間違いなくイメージが良いと考えていると思います。

また、ジャニーズ全体が盛り上がる良いきっかけにもなると考えたと思います。

とはいえ、ある程度は過去の経験からどれくらい売れるかは予測していたと思います。

にも関わらずこれほどまでに炎上したのは、見積りが甘すぎたことが一番の原因だと思います。

Twitterを見る限り、買えなかった人の方が多く事務所に対して不信感を持つファンを増やしてしまう結果になってしまいました。




ジャニーズファン『時間返して・・・』『あの2日間は何』

ジャニーズ事務所の受注生産決定のお知らせを見たファンからは、『良かった〜!でも時間返して』『寝ずに頑張ったあの時間は何?』という声が多く上がっていました。

『最初からそうせい!』『なんそれっ!』という言葉もありました。

買えなかった人があまりにも多く、受注生産をしてくれることを決めたジャニーズ事務所の対応は素晴らしいですが、『最初からそうして』というのはかなり真っ当な意見です。




まとめ

ジャニーズアクスタ再販決定!なぜ最初から受注生産にしなかったの!

についてまとめました。

ジャニーズ事務所は今回の件を反省し次回にいかして欲しいですね。ジャニーズのライバルもたくさん増えているのでファンは大事にした方が良さそうです。




 

 

error: このコンテンツのコピーは禁止されています。